• HOME
  • Top
  • コーディネート
  • 単なるベーシックで終わらせない、洗練されたベージュを味方につけるスタイリングアイディア

単なるベーシックで終わらせない、洗練されたベージュを味方につけるスタイリングアイディア

季節もオンオフも問わず、どんなカラーとも馴染みやすい万能カラーのベージュ。味方につけるとスタイリングがぐっと広がる定番カラーの一つですが、SOÉJUのお客様からは「膨張して見える気がする」「地味な印象になってしまうのでは」というお声を伺うことも。単色で取り入れるよりはアクセントが欲しいと感じる方も少なからずいらっしゃるのかもしれません。

今回はベージュにトライしていただけるようなおすすめのスタイリングアイディアをご紹介します。

*****

引き締め役ブラックでクールなベージュへ

膨張するのが気になる淡いベージュには引き締め役となるブラックを合わせて。ホワイトほどコントラストがつかないので、ブラック×ホワイトで作るモノトーンスタイルよりも柔らかいクール印象に。さらに艶感あるベージュにすれば陰影が生まれ上品な華やぎがプラスされます。

アウター:リモンタパッカブルコート(BEIGE)、トップス:クルーネックロングスリーブニットプルオーバー(BLACK)、パンツ:サイドタックワイドパンツ(BLACK)

ブラックよりもソフトな強弱を作るチャコールグレー

ブラック同様の引き締め役を担いながらもソフトな印象へと導いてくれるのがチャコールグレー。シックな配色の時は異なる素材のレイヤードや甘めなディテールで立体感を出して。シンプルなのにこだわりを感じるスタイルに。

トップス:バックリボンロングスリーブブラウス(WHITE)、パンツ:ソフトオックスセンタープレスフルレングスパンツ(BEIGE)

レフ板効果のあるホワイトを挟んでトーンアップ

顔まわりにベージュを持ってくるときは、ホワイトを挟んでトーンアップを。レフ板効果によって顔色の沈み具合を軽減できます。ホワイト×ベージュのやわらかな配色に、ふわっと存在感のあるニットを重ねれば女性らしさ引き立つスタイルに。

カーディガン:フォックス混ベルト付きカーディガン(BEIGE)、インナー:カシミヤ混タートルネックネックカットソー(WHITE)、パンツ:タックパンツ(WHITE)

こっくりカラーと秋冬小物で季節感をプラス

ベージュを主役にしたスタイルで季節感を出したい場合は、明度の高いクリアなカラーより重厚なこっくりカラーを差すと◯。首元や手首から覗かせるだけでスタイルのアクセントとなり同時にすっきり見えも叶えます。レザーのシューズや、ボア素材のバックなど小物で秋冬っぽさをプラスするのもポイントです。

ワンピース:ソフトオックスシャツワンピース(BEIGE)、インナー:ワイドリブタートルネックニット(BORDEAUX)

コントラストが強いカラーのつなぎ役に

カラーアイテムにチャレンジした時や、コントラストがはっきりしたカラーを組み合わせたときのつなぎ役として便利なのがベージュ。ホワイトを合わせるよりマイルドに馴染み、程よいこなれ感を出してくれます。大人な印象を作りたいときにはぜひ取り入れてみて。

ジャケット:ロングノーカラージャケット(BLACK)、トップス:ボウスタイルプルオーバー(BEIGE)、パンツ:ダブルクロスサイドタックワイドパンツ(GREEN)

******

優しい雰囲気を作り出すベージュは今季の旬なカラーでもあります。ぜひ取り入れてみてくださいね。

※スタイリング使用アイテムは現在販売終了している可能性がございます


Follow Us

公式SNSではSOÉJUの新作やおすすめスタイリングなど、お役立ち情報をお届け。ぜひチェック&フォローしてみてくださいね!

Recommend