スタイリスト直伝、お洋服をきれいに保つ 衣替え時の「ちょっとしたこと」

最低気温が下がってきて、そろそろ本格的に衣替えを考え出す方も多いのではないでしょうか。今日はお洋服を長く着るためにスタイリストが衣替え時に必ずする「ちょっとしたこと」をご紹介します。

******

まずは基本、クリーニング

「春夏秋冬、汗や空気中の汚れはどのシーズンでもあるので、収納前にお洋服だけでなく靴もクリーニングに出しています」「最近は保管クリーニングもあるので、クリーニングついでに外部に保管できて便利です。出すときに洋服の棚卸しもできて一石二鳥です」

 

少し上級?入念なブラッシング

「毎回のブラッシングは面倒になってやれない日もありますが、衣替えのときはしっかりブラッシングしています。編地の中に入り込んだ汚れをかきだせますし、毛流れを整えることで毛玉もできにくくなります」

 

収納はゆとりをもたせて

「生地がすれたりたたみじわがくっきり入るのを防ぐために、ゆとりをもたせて収納しています」「防カビ機能のついた衣類カバーを使っています。ほこりも避けられますし、定期的に交換するためにクローゼットに少しの余裕をもたせたくなります」

 

1にも2にもスチーマー

気をつけて保管をしていても、やはりある程度シワやテカリ(アタリ)はついてしまうもの。
「スチーマー、本当に便利です。撮影の時も、ポップアップストア出店のときも、とにかくシワ取りはスチーマー。最近代官山サロンではT-falのものを購入しました」
高温の蒸気をかけると繊維が膨らみ、シワやテカリが取れますし、ウールのコートなどは膨らみ感も取り戻せます。除菌や脱臭の効果も。

 

******

 

季節の変わり目、ぜひこのシーズンに寄り添った洋服のケアを通じて、ご自身もいたわってくださいね。


Follow Us

公式SNSではSOÉJUの新作やおすすめスタイリングなど、お役立ち情報をお届け。ぜひチェック&フォローしてみてくださいね!

Recommend