冬スタイルのお悩み解決のヒントに「8つのテクニック」YouTubeライブレポート

12月12日(土)14:00〜SOÉJU公式Youtubeチャンネルにて『冬の大人スタイル8つのテクニック』というテーマでライブ配信しました。パーソナルスタイリングサービスのお客様から冬になると寄せられる3つのお悩みの解決のヒントをSOÉJUスタイリストがご紹介しました。
テクニックと表現しておりますが、厳格に守るべきルールでは全くありません。あくまでファッションを楽しんでいただくためのヒントですので、ご自身がピンときたものを是非気軽に取り入れてみてください。

なお、ライブのアーカイブはこちらからご覧いただけます。

冬のよくある3つのお悩み

お悩み1:ダークカラーのコートに何を合わせれば良い?重いスタイルになりがち
お悩み2:冬の足元は黒タイツや黒パンプスが増えてしまい、ワンパターンになりがち
お悩み3:防寒優先すると着膨れしてしまう

【冬のお悩み1】ダークカラーのコートに何を合わせれば良い?重いスタイルになりがち

テクニック1:軽さのある異素材を取り入れる

プリーツスカートなど軽さのある異素材を取り入れると、コートの重さとのコントラストが効き、また動きも出て華やかになります。明るめのミルクティーのような色味のベージュのトップスを合わせるとお顔映りも良く柔らかな印象に。ブラックのコートに映えるスタイルです。

※モデル身長159cm
コート:参考商品(BLACK)トップス:ミラノリブニットプルオーバー(BEIGE)スカート:プリーツスカート83cm丈(L.GRAY)

テクニック2:トップスとボトムスのカラーコントラストをつけて華やかさを出す

続いてブラウンのコートには、ホワイトのブラウスと落ち着いたイエローのパンツでカラーコントラストを効かせ、フワフワで素材感のあるカーディガンを。トップスは思い切って真っ白なホワイトを選ぶと、よりコントラストが強調されメリハリが出ます。足元はブラウン系のニュアンスカラーのスニーカーで同系色でまとめました。

※モデル身長:168cm
コート:参考商品 
カーディガン:ラクーンカーディガン(BEIGE)トップス:シルクストレッチボウタイブラウス(WHITE)パンツ:ウールライクセンタープレスパンツ(YELLOW)

テクニック3:顔まわりに明るい色を重ねて差し込みアクセントに

再びブラックのコートにおすすめのスタイル。ブルーの薄手のインナータートルにオフホワイトのブラウスを合わせ、パンツはインナーと同系色のブルーグレーを。トップスをレイヤードさせることで、鮮やかなブルーの面積を減らし、アクセントとして効くように。足元はブラックで引き締めて。

※モデル身長:163cm
コート:参考商品 トップス:カシミヤ混タートルネックカットソー
(BLUE)/ スタンドカラータックブラウス(OFF WHITE) パンツ:ウールライクセンタープレスパンツ(BLUE GRAY)

【冬のお悩み2】足元が黒タイツや黒パンプスが増えてしまいワンパターンになりがち

テクニック4:靴やブーツはツヤ感・型押しなど表情があるもので変化を

「つい同じ色の似たような靴を選んでしまう」という方におすすめなのは、色ではなく、ツヤ感があったり型押しタイプなど、同じ色でも表情が違うものを選んでいただくと、失敗することなく新鮮な変化を感じていただけます。


テクニック5:タイツを選ぶならチャコールグレーを、透けないギリギリのデニールで

タイツはブラック一択になってしまう方には、ぜひチャコールグレーを取り入れてみて。グレーよりも濃くブラックより薄いという程よい色味で、ブラックのパンプスと合わせるとさりげない上品なグラデーションが作られ、足元がアップデートされます。冬はギリギリ透けないくらいの70〜80デニールを選ぶと重たくなりません。

※モデル身長:159cm
トップス:コクーンブラウス8分袖
(WHITE)スカートタイトスカート(KHAKI)

テクニック6:ラメソックスを取り入れる

派手な印象があるラメですが、ベーシックスタイルに取り入れると、さりげなく華やかに。お呼ばれや靴を脱ぐ場面があるときにもおすすめです。ライブでは、ブラックのローファーにはシルバーラメのソックス、ボルドーのパンプスにはブロンズラメのソックスを合わせました。靴と靴下が同系色だと合わせやすいのでご参考まで。

【冬のお悩み3】防寒優先すると着膨れしてしまう

テクニック7:ボリュームあるトップスはウエストマークしてシルエットにメリハリを

ボリュームが出やすいラクーンカーディガンを例に、ウエストマークのポイントをご紹介しました。おへそよりも少し上、ベルトはしっかり締めていただくと全体にメリハリが出てすっきりとしたシルエットを作ることができます。


テクニック8:首・手首・足首のいずれかを見せて細い箇所を強調する

薄手で見せるインナーとしてお使いいただけるホワイトのカシミヤ混タートルネックカットソーを活用し手首の細さを強調するスタイルの作り方のコツをご紹介しました。ニットの袖口を5cmほどたくし上げインナーを少し見せることで手首がすっきり見えます。ブラックとホワイトでカラーのコントラストをつけるとより細さが強調されておすすめです。

トップス:ミラノリブニットプルオーバー(BLACK)/ カシミヤ混タートルネックカットソー(WHITE) 
パンツ:ウールライクタックパンツ(GRAY)

いかがでしたでしょうか?ぜひ冬のスタイルに取り入れてみてください。

過去ライブ配信情報

※アーカイブリンクから過去のライブ配信をご覧いただけます。

《YouTube Styling LIVE》
SOÉJUアイテムで着まわせる「2020秋ZARA大人スタイル」 

《Instagram Short LIVE》
featuring – タイトスカート
featuring – カシミヤ混タートルネックカットソー
featuring – ショートノーカラージャケット
featuring – プリーツスカート


※ スタイリング使用アイテムは現在販売終了している可能性がございます。


プロが提案する、あなたらしさ。- SOÉJU personal

オンラインパーソナルスタイリングサービス SOÉJU personal (ソージュ パーソナル) は、経験豊富なスタイリストがあなたの悩みや好みを伺って、ぴったりのお洋服をお選びいたします。似合う洋服だけでなく、お手持ちのアイテムを活かしながらコーディネートをする方法もご提案させて頂きます。
あなたらしいスタイルで、毎日をもっと楽しみませんか?
SOÉJU personal はこちら

SOÉJUパーソナルの公式LINEにお友達ご登録ください。ID検索はこちら→@soeju_personal

友達追加していただいた方には、スタイリストおすすめのコーディネートに活用できる高見えのトレンドアイテムやお客様から人気のあったスタイリング画像をお届けいたします。また、SOÉJUオンラインストアでのお買い物のご相談もお気軽にどうぞ。

 

Recommend