スーツの中で浮かない、脱スーツなビジネススタイルとは?

SOÉJUのファッションカウンセリングで頂くお悩みの1つが「スーツの男性の中で違和感のない服装に困っています」というもの。
スーツの男性と肩を並べて仕事をされる時、ワンピースやスーツなどのセットアップスタイルを選ばれる方も多いかと思います。ですが一方で、服装規程の廃止が進むなどビジネススタイルの自由化が進み、より細かやなフォーマルさの調整が必要になったり、幅広いビジネススタイルを求められる方も増えているのはないでしょうか。

そこで今回は、スーツの男性の中で違和感のない、脱スーツなビジネススタイルをご紹介します。

STYLE1. ワントーンはビジネススタイルの味方ジャケット:ロングノーカラージャケット(WHITE) ¥25,000+tax
トップス:バックリボンノースリーブブラウス(BROWN) ¥8,800+tax
ボトムス:タイトスカート(CAMEL) ¥12,000+tax
シューズ:参考商品(MANGO)

フォーマルアイテムはスーツやツーピースなど上下同素材で揃えるのが主流ですが、それを少しカジュアルに解釈してみるのはいかがでしょうか。キャメルのワントーンスタイルに、ホワイトのジャケットを合わせた知的でエレガントな印象のスタイルです。
同系色であれば細かな素材感や色味まで揃えなくても大丈夫。微妙なカラーコントラストはスタイルに堅苦しくない軽さを作ります。ワントーンスタイルは、エレガントさとともに目線も縦に繋がりスラリとした印象も叶うスタイルです。

STYLE2.ブルーを効果的に取り入れて知的な印象を作るジャケット:ショートノーカラージャケット(NAVY) ¥23,000+tax
トップス:参考商品(ZARA)
ボトムス:ペイズリー柄スカート(BLUE) ¥+13,000+tax
シューズ:参考商品(CHARLS&KEITH)

ネイビーのジャケットに涼やかなアイスブルーのブラウスを合わせました。こちらもワントーンをベースにしたスタイルですが、カラーはブルーをセレクト。ブルーは知的で落ち着いた雰囲気を作りたい時に効果的なカラーです。

スカートで上品なビジネススタイルを作りたい時は丈もポイントです。膝が隠れる少し長めの丈を選んでいただくと上品で落ち着きを感じさせる雰囲気に。またこのスタイルではネクタイをしているスーツに馴染むよう、華やかになるプリント柄のスカートを合わせました。もう少しカジュアルダウンしたい時は無地にすると華やかさを調節できます。

STYLE3.パンツで華やかにしたい時はワイドパンツをジャケット:ショートノーカラージャケット(NAVY) ¥23,000+tax
トップス:参考商品(ZARA)
ボトムス:サイドタックワイドパンツ(WHITE) ¥13,000+tax
シューズ:参考商品(CHARLS&KEITH)

「きちんとした場所ではスカートを」というのも良いですが、多様化が進んでいる時代には”パンツススタイル”も選択肢の1つに加えたいところ。パンツできちんとしたビジネススタイルを作りたい時には、柔らかな素材のワイドパンツを取り入れるのがおすすめです。布の揺れ感が華やかで余裕を感じさせるスタイルを作ります。

デイリーに着る時には、テーパードパンツなど細身のパンツにしても上品で知的な印象はそのまま、親しみのあるスタイルに。シーンに合わせてパンツのボリュームを変えると華やかさも調節いただけます。

STYLE4. カラーコントラストで印象に残すジャケット:ロングノーカラージャケット(WHITE) ¥25,000+tax
トップス:バックリボンノースリーブブラウス(BROWN) ¥8,800+tax
ボトムス:サイドタックワイドパンツ(BLUE) ¥13,000+tax
シューズ:参考商品(MANGO)

スタイルのどこかにアクセントになるパキッとしたカラーを取り入れると、人目に止まり印象的なスタイルに。ブルーのワイドパンツでカラーコントラストをプラスした華やかなスタイルです。

ビジネスシーンはネイビーやブラックが多くなりがちですが、かといってカラーをいきなり取り入れるのは勇気がいるもの。そんな時はボトムから取り入れてみるのがおすすめです。座っている時と立った時の意外性が、相手の印象に残ったり会話のきっかけになったりすることも。

品格を作りたい時はデコルテの見せ方がポイント

今回はどのスタイルもネックの詰まったブラウスを合わせました。スーツの男性が襟のあるシャツを着たりネクタイをするように、ネック周りが詰まっているときちんとした印象を感じさせることができます。けれど「首の詰まったスタイルは苦手」という方も少なくないのではないでしょうか。そんな時はスカーフを上手く使ったり、ネックレスでバランスを取るのがおすすめです。スカーフ:参考商品

スカーフは結ばずにジャケットの襟元に添わせると、デコルテにVラインを作りながら華やかですっきりとした印象に。

ネックレス:参考商品

Vネックやクルーネックのインナーにする時は、鎖骨にかかるくらいの長さのネックレスを付けると華やかできちんとした印象になります。

スーツの中で浮かない、脱スーツなビジネススタイル、いかがでしょうか。ぜひスタイリングの参考にしてみてください。

※スタイリング使用アイテムは現在販売終了している可能性がございます


プロが提案する、あなたらしさ。- SOÉJU personal

オンラインパーソナルスタイリングサービス SOÉJU personal (ソージュ パーソナル) は、経験豊富なスタイリストがあなたの悩みや好みを伺って、ぴったりのお洋服をお選びいたします。似合う洋服だけでなく、お手持ちのアイテムを活かしながらコーディネートをする方法もご提案させて頂きます。
あなたらしいスタイルで、毎日をもっと楽しみませんか?
SOÉJU personal はこちら

SOÉJUパーソナルの公式LINEにお友達ご登録ください。ID検索はこちら→@soeju_personal

友達追加していただいた方には、スタイリストおすすめのコーディネートに活用できる高見えのトレンドアイテムやお客様から人気のあったスタイリング画像をお届けいたします。また、SOÉJUオンラインストアでのお買い物のご相談もお気軽にどうぞ。

Recommend