もっと自由でいいかも!発表会のママスタイル

秋に向けて増えるお子さんの発表会。
「どのくらいきちんとすれば良いんだろう…」
「セレモニーでもないし、どれくらいの華やかさが良いんだろう…」と入学・卒業シーン以上に難しいと、お悩みの方も多いのではないでしょうか。セレモニーアイテムを活用したスタイルも素敵ですが、SOÉJU では「もっと自由な発想でも良いんじゃない!?」と考えています。

そこで今回は、ご自身もバレエを習うお子さんのお母さんでもあるSOÉJUスタイリストのKAZUさんに、自由な発想で 発表会のママスタイル を提案してもらいました。

STYLE1
プリントのロングワンピースを主役にしたレイヤードスタイルSOÉJU サイドタックワイドパンツ 13,000+tax
プリント柄ワンピース (19,000+tax)

街中でも見かけることの増えたロングワンピース×パンツのレイヤードスタイルを、シルエットと素材で大人エレガントに仕上げたスタイリングです。

プリント柄ワンピース (19,000+tax)

ーKAZU
プリントワンピースは1枚でも華やかですが、パンツとレイヤードするとより今年らしい着こなしになります。普段でしたらカットソーの上に前を開けて着て頂くスタイルも素敵ですが、発表会などの華やかなシーンでは前を閉めてウエストを絞ってメリハリをつけると上品な印象で着て頂けます。ボトムは、ホワイトのとろみのある素材のワイドパンツを合わせることで、華やぎのある雰囲気にしました。とろみのある素材は、生地にドレープ感が生まれるので、華やかでエレガントな印象をプラスできます。小物は夏らしい涼しげなカラーを合わせて、ワンランク上の着こなしに。

STYLE2
カラーブラウスを主役にしたパンツスタイル
SOÉJU サイドタックワイドパンツ 13,000+tax
SOÉJU ロングカーディガン 11,000+tax

1つ1つはシンプルなアイテムですが、カラーを効果的に使うことでアクセサリーなしでも華やかに見えるスタイリングです。

ー KAZU
スタイリングのメインにカラーブラウスをセレクトしました。こちらのグリーンは程よい鮮やかさで顔映りも良く、大人も取り入れやすいカラーです。ボトムをホワイトにすることでグリーンがより鮮やかに映え、アクセサリーを使わなくても発表会の様な華やいだシーンにマッチします。カラーアイテムやホワイトのボトムはハードルが高いと思われている方には、締め色としてネイビーのロングカーディガンを。自然と縦長ラインが作れてスタイルアップして見えるので、トライしやすくなります。シューズとバックは、ブラウンで柔らかな印象に仕上げました。ブラックやシルバーでキリッとクールに仕上げて頂いても素敵です。

KAZUさんご自身は何を着るのですか?と質問をしたところ「今年は役割を受け持っていて動きやすさも大事なので、ジャンプスーツを着る予定です」とのこと。そこで、楽屋と客席を行ったり来たりするようなイメージの、動きやすさを大切にしたスタイルも提案していただきました。

STYLE3
安心して動けるジャンプスーツスタイル
カジュアルなイメージのあるジャンプスーツを、素材とアクセサリーで華やかさをコントロールしたスタイリングです。

ーKAZU
例えばバレエの発表会など楽屋と客席を行ったり来たりするような場合は、洋服の乱れを気にしないで動けるジャンプスーツも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。カジュアルなイメージのあるジャンプスーツですが、とろみのある素材にすることで綺麗めのシーンにも着て頂けます。ウエアのデザインがシンプルなので、アクセサリーで華やかさを調節していただきやすいアイテムです。楽屋ではスニーカーで、受付ではパンプスで、と足元を変えるだけでいろんなシーンに対応していただけます。

発表会のママスタイル、いかがでしたでしょうか。
ぜひ、スタイリングの参考にしてみてください。


プロが提案する、あなたらしさ。- SOÉJU personal

オンラインパーソナルスタイリングサービス SOÉJU personal (ソージュ パーソナル) は、経験豊富なスタイリストがあなたの悩みや好みを伺って、ぴったりのお洋服をお選びいたします。似合う洋服だけでなく、お手持ちのアイテムを活かしながらコーディネートをする方法もご提案させて頂きます。
あなたらしいスタイルで、毎日をもっと楽しみませんか?
SOÉJU personal はこちら

SOÉJUパーソナルの公式LINEにお友達ご登録ください!
友だち追加

ID検索はこちら→@soeju_personal
友達追加していただいた方には、スタイリストおすすめのコーディネートに活用できる高見えのトレンドアイテムやお客様から人気のあったスタイリング画像をお届けいたします!

Recommend