スリットのないタイトスカート

いつもSOÉJU pressをご覧いただきありがとうございます。SOÉJU(ソージュ)の三浦です。今回は、長らく温めてきた新作タイトスカートのご紹介です。SOÉJUの市原にこだわりと想いを聞きました。

スリットのないタイトスカートSOÉJU タイトスカート 12,000+ tax

―なぜタイトスカートを作ろうと思ったのですか

タイトスカートは、SOÉJUが早い段階からオリジナルを作りたいと考えてきたアイテムです。パーソナルスタイリングでもよくご提案していたアイテムで、新鮮なスカートスタイルを探している方や縦のラインを強調した着こなしを作る時にとても効果的だったからです。
それに、きちんと見えるのにモードな雰囲気もあってしかもスタイルアップ出来る、とってもSOÉJUらしいアイテムだと感じていました。

でも普通にタイトスカートを作るのでは意味がないし、SOÉJUらしい機能性もありながら幅広いスタイルで着られるデザインにしたい。カウンセリングを通じて、スーツのイメージが強くて選択肢に入っていない方が多いということにも気付いたので、必要な時に着るものではなく、自分から着たくなるものを作りたいなと思いました。

SOÉJUらしいタイトスカートを作るためにこだわったポイントはどこですか?

 斜めの位置に入ったタックと、スッキリ見えるシルエットです。タックにしようと思ったのは、「タイトスカートはスリットがあるから苦手」というご意見をいただいたことがきっかけです。

スリットは動きやすくはなりますが、深さや開き方が様々で、脚が見えることに抵抗感がある人も多い。そこでデザイナーと試行錯誤して、スリットではなくタックを入れることで脚を出さずに動きやすいデザインにしました。身体の斜めの位置に縦のラインが入ることで、スッキリと見えながら立体感をプラスすることが出来たと思います。シルエットでは、丈はミモレ丈に。裾は広がらないようにすることで、スッキリと見えるシルエットにしました。もともとスタイリストがおすすめしていた物も、ミモレ丈のものでした。膝上や膝丈はコンサバに見えがちですが、少し丈感を変えるだけで大人の脚を上品に見せてくれます。

裾幅は細めでスッキリとさせることで重心が下がらずに、スタイルアップに繋がります。スカートというとAラインの物をイメージしてしまうけれど少しマンネリを感じている、そんな方には新鮮なバランスを楽しんでいただけると思います。

―どんな風に来て欲しいですか?

 いつものワードローブにプラスして、ONにもOFFにも着ていただきたいです。ONのきちんと見せたいシーンにはもちろんぴったりなアイテムなので、あえてTシャツなどカジュアルなアイテムにも合わせていただけたら嬉しいです。
あとは、沢山歩くような日や忙しい日ですね。タックが歩幅を制限しないので、気を使わずにいつも通りに動いていただけるはずです。
SOÉJU タイトスカート 12,000+ tax
SOÉJU 5分袖ニットソー 9,000+ tax(7月上旬発売予定)

今日はきちんとする日、今日はアクティブな日って、スッキリ分けられる日なんて実はあまりないのではないでしょうか。きちんともアクティブも毎日必要で、どちらかを優先することによってもう一方を我慢している時があるのではないかと感じています。

「どちらも大事にしたい」そんな現代の女性達に届いたら良いなと思います。


プロが提案する、あなたらしさ。- SOÉJU personal

オンラインパーソナルスタイリングサービス SOÉJU personal (ソージュ パーソナル) は、経験豊富なスタイリストがあなたの悩みや好みを伺って、ぴったりのお洋服をお選びいたします。似合う洋服だけでなく、お手持ちのアイテムを活かしながらコーディネートをする方法もご提案させて頂きます。
あなたらしいスタイルで、毎日をもっと楽しみませんか?
SOÉJU personal はこちら

SOÉJUパーソナルのLINE@にお友達ご登録ください!
友だち追加

ID検索はこちら→@soeju_personal
友達追加していただいた方には、スタイリストおすすめのコーディネートに活用できる高見えのトレンドアイテムやお客様から人気のあったスタイリング画像をお届けいたします!

Recommend