SOÉJUpersonal / SOÉJUの原点

いつも SOÉJU Pressをお読みいただきありがとうございます。SOÉJU(ソージュ)の市原です。
今回は、 SOÉJUpersonal / SOÉJU スタートの原点となった、私とファッションについてのストーリーです。

5年くらい前の私は、家族の看病も落ち着き、仕事の再開を目の前にしている頃でした。家族にも背中を押してもらい、さあ仕事のアクセルを再び全開で踏み込もう!となった時に、困ったのが  ”何を着ればいいのか” ということでした。

「着るものが本当にない・・」と呆然としました。

気づけば、子育てと看病でクローゼットの中はすっかりカジュアル一色。その時はそれで十分だと思っていたし、仕事のブレーキを踏んでいたこともあり、家族に悪いなぁという気持ちでたくさんの服を新しく買う気にはなれない自分もいました。

でも当時は、ハイブランドのコンサルティングなどもさせていただいていたので、どうやったら自信を持ってクライアントに会えるかというのは大きな悩みでした。

私のコンプレックスは大柄なこと。体型に合う服を見つけることも難しく感じていました。それで、ひとまずはサイズ展開が豊富なブランドで自分なりに一通り揃えてみました。

・・・しかし。自分で「間違わないこと」ばかりを気にして選んだ服は、なんだか無難で「気分が上がる」コーディネートとは程遠いものでした。

そんな時、ファッションに詳しい友人がすすめてくれたのが、ワイドパンツでした。ブラックの落ち感のきれいなハイウエストのワイドパンツは、全くそれまでの自分の選択肢になかったアイテム。誰かにすすめてもらえなければ絶対に手に取らなかったものでした。

でも着てみたら、気になる部分を上手にカバーしながら、すらっと見せてくれて、手放せなくなりました。
SOÉJU サイドタックワイドパンツ 13,000+ tax

自信を持てるボトムスに出会えたことで、コーディネートがぐんとラクに楽しくなりました。シンプルなトップスを素材感に気をつけて選ぶだけで、スッキリかつきちんとした印象が作れたからです。

彼女は親切にもワイドパンツに合わせる靴も、OFFのパターンとONのパターンで選んでくれたので、ますます迷いなく活用できました。誰かにすすめてもらうことで、自分1人では出会えなかったスタイルに出会えました。

そうしておすすめしてもらったアイテムを愛用していたら、次に同じ様なものを再度買うことが出来ずに困ってしまいました。週に数回愛用していたら、着用感が出てきて買い替えたくなったからです。

また同じようなものが欲しいなと思った時になかなか出会えなかったのは、シーズンで売り切るのがアパレルビジネスでは主流だからと気づきました。この経験が、SOÉJUpersonal のサービスとSOÉJUの服作りにつながっています。
ワードローブの核になるアイテムこそ、リピートできるように定番として作り続けるブランドがあってもいいかな、と。自分では選ばないアイテムも、プロの目で厳選されたものなら服選びがガラッと変わるかもしれません。

思い込みの枠を外して、思い切って一度プロに委ねてみていただけたら、新しくスタイルが広がると思います。
自分の道を切り拓く人にも、誰かのために頑張っている人にも、ソージュのサービスや服が届きますように。


プロが提案する、あなたらしさ。- SOÉJU personal

オンラインパーソナルスタイリングサービス SOÉJU personal (ソージュ パーソナル) は、経験豊富なスタイリストがあなたの悩みや好みを伺って、ぴったりのお洋服をお選びいたします。似合う洋服だけでなく、お手持ちのアイテムを活かしながらコーディネートをする方法もご提案させて頂きます。
あなたらしいスタイルで、毎日をもっと楽しみませんか?
SOÉJU personal はこちら

SOÉJUパーソナルのLINE@にお友達ご登録ください!
友だち追加

ID検索はこちら→@soeju_personal
友達追加していただいた方には、スタイリストおすすめのコーディネートに活用できる高見えのトレンドアイテムやお客様から人気のあったスタイリング画像をお届けいたします!

Recommend