ファッションエディター白澤貴子さんによるスタイリングご紹介

白澤貴子さんは、ファッション誌やウェブ、広告のディレクション、人気ブランドのブランディング・アドバイザーなどを行っていらっしゃり、ファッションやヴィンテージに造詣が深く、独自の審美眼をお持ちの方です。

好きな香水を選ぶ時、香りを「嗅いだ瞬間キュンとときめいた自分の気持ちを当然のように優先する」のと同じように、服も「自分で見つけて、納得して選んだものは、何年だって堂々と着ていられる」というフィロソフィーには、私たちも深く共感します。そして、こんな風に表現なさる言葉のセンスもとても素敵ですよね。

そんな白澤さんが、取材時に、SOÉJUの服で組んで下さったスタイリングをご紹介させていただきます。

1)スタンドカラータックブラウスタックパンツ

ボリューム感のあるSOÉJUのスタンドカラータックブラウスに、SOÉJUのタックパンツをウェストインで合わせた女性らしいドレスパンツスタイルです。スタンドカラータックブラウスは、立場のある方との会食や、ドレスコードのあるレストランなどでも自信を持って着こなしていただけるよう、ブラウスをウェストインしてもドレスライクな印象になるようシルエットにこだわりました。白澤さんにも一番気に入っていただけたアイテムです。SOÉJUのタックパンツは、トップスをウェストインした時にベルトをしなくてもフロントがラップデザインになっているのですっきりと決まり、ボディラインがですぎず上品なシルエットに。
SOÉJUスタンドカラータックブラウス:¥14,800 + tax/SOÉJUタックパンツ:¥14,800 + tax/イヤリング,パンプス:SOÉJUセレクト)

アレンジ:+ロングカーディガン+ベルト

マキシ丈のロングカーディガンを羽織って、Diorのヴィンテージのベルトを合わせると、また印象が大きくチェンジします。シンプルなアイテムをベースにしているからこその、スタイリングの楽しみですね。

2)ギャザースカート+ブラックタートル+レッドパンプス

SOÉJUオリジナルのギャザースカートには、シンプルなブラックのタートルネックニットを合わせて、映画のワンシーンのようなスタイリングを組んでくださいました。丸みをおびたトゥのレッドのパンプスをアクセントにしたドラマティックなスカートスタイルです。アクセサリーは、潔く、ヴィンテージライクなビジューピアスのみをプラスして。
SOÉJUギャザースカート:¥16,800 + tax / ニット,ピアス,パンプス:SOÉJUセレクト)

いつもお客様にスタイリングをご提案している私たちにとって、スタイリングを組んでいただくのは新鮮で、色々な発見もありました。

白澤さんのインスタグラムでも素敵にご紹介いただいておりますので、ぜひご覧になってみてください!

View this post on Instagram

Takako Shirasawa 白澤貴子さん(@takakoshirasawa)がシェアした投稿


※ mimolletでの連載「エディター白澤貴子の好きだけ纏いたい!」より引用


プロが提案する、あなたらしさ。Presented by SOÉJU personal

Recommend