• HOME
  • Top
  • Styling Tips
  • ワンピースは着かた次第で万能アイテムに。シーン別の着こなし方を教えます

ワンピースは着かた次第で万能アイテムに。シーン別の着こなし方を教えます

夏ならではのファッションといえば、一枚で様になるワンピース。上下の組み合わせを考えることなく、手軽におしゃれができるところが魅力的です。

一方で、ワンピースは一枚でキマるからこそ着回しづらい、いつも同じシーンでしか着ることができない……。そんな風に考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。実は、ワンピースは着こなし次第で印象をがらりと変えることができるのです。

形によって与える印象が違う!?ワンピースの種類
ワンピースと一口に言っても、その種類によって印象やスタイルの見え方が異なります。まずは、ワンピースの種類とその特徴を見ていきましょう。

・ウエストマーク

 

View this post on Instagram

 

makiさん(@mtmmaki)がシェアした投稿

胸元の下、もしくは腰骨より少し上あたりがきゅっと絞られているスタイルのワンピースです。ウエストマークされることにより上半身に視線が行くため、脚長効果があり、すらっと見えるのが特徴です。
お手持ちのシャツワンピースや、Aラインワンピースにルーズにベルトをして、ブラウジング*してもOK。いつものワンピースが、よりこなれた印象に変化します。
*ブラウジングとは:ウエスト部分で絞られた服の裾をたるませること

・タイト
すっきりとした大人っぽい印象を与えることができる、タイトワンピース。
体のラインが出やすいからと敬遠しがちですが、ハリのあるデザインを選べば体のラインをカバーすることも可能です。逆にニット素材など柔らかい素材のものは、リラックスした雰囲気に着こなすことができます。

・Aライン

 

View this post on Instagram

 

Fanfan Closetさん(@fanfan_closet)がシェアした投稿

スカートのすそが「A」の文字のように広がったAラインワンピース。可愛らしく、カジュアルな印象を与えることができます。
一方で、裾の部分に布をたっぷりと使用したドレープスカートであれば華やかな印象になり、スカート部分のデザインによっても印象が異なります。

・コクーン
腰回りに余裕を持たせた、丸みのあるスカートが特徴。膝上など、少し短めのタイプが多く見受けられるので、女性らしい雰囲気を出すことができます。
最近では、ワンピースの下にスキニーパンツを合わせた、カジュアルな着こなしも人気が出ています。いつものワンピースで違う雰囲気を出したい方におすすめです。

シーン別ワンピースの着こなしリスト

【オフの日スタイル】リラックス感を出しつつ、おしゃれさは欲しい日に

 

View this post on Instagram

 

akkoさん(@akko3839)がシェアした投稿

◆合わせるもの:ストール、ロングカーディガン、スカーフなど

オフの日はラクな恰好をしたいけど、手を抜いているとは思われたくない。そんな絶妙なリラックス感を出したい時には、ストールやスカーフを合わせてみてください。一気にあか抜け、こなれた印象になりますよ。
柄のないシンプルなワンピースであれば、ちょっと派手かな?くらいの色や柄が丁度良く決まります。初心者さんは、お手持ちのバッグに巻き付けてみてもグッと印象が変わりますよ。他にも、ロングカーディガンなどを合わせることで、カジュアルすぎないおしゃれが楽しめます。

【かっちりスタイル】来客予定のあるお仕事の日に

 

View this post on Instagram

 

Miyuさん(@miyu_olfashion)がシェアした投稿

◆合わせるもの:ジャケット、カーディガン、ベルトなど

お気に入りのワンピースは、オフィスでも着ることができれば気分も上がりそうです。私服用のワンピースをオフィスでも着るは、ジャケットやカーディガンを合わせるのが良いでしょう。
黒やネイビーで締めるのももちろん良いですが、明るいワンピースと同系色のジャケットを合わせれば、より華やかな雰囲気になりますよ。少し大きめのジャケットは今っぽさも出て◎。さらにきちんと感を出したい方は、ベルトでウエストマークをすると、メリハリが出るのでおすすめです。

【アウトドアスタイル】アクティブな休日を過ごしたい日に

◆合わせるもの:スニーカー、サンダル、かごバック、バングル、帽子(キャップ、ストローハット)など

いつものワンピースをカジュアルダウンしたい時には、パンプスと革のバッグから、スニーカーとかごバックに変えてみましょう。きれい目なワンピースも、一気にアクティブな表情に早変わり!
カジュアルさの中にも大人っぽさを残したいという方は、ゴールド系のきれい目なバングルや時計を付けてみるとバランスが取れるかも。キャンプやBBQなどレジャーの際には、思い切ってキャップを合わせてみてください。アウトドアにぴったりの装いになりますよ。

【リゾートスタイル】とっておきの1日で日頃の疲れを癒したい日に

◆合わせるもの:ビーチサンダル、大ぶりのアクセサリー、サングラス、つば広の帽子、バングルなど

日頃の疲れを癒やしにリゾートに行く時は、服装をがらっと変えたくはありませんか? そんな時には、サングラス、つば広の帽子で思いっきりリゾートスタイルを楽しみましょう!
足元はビーチサンダル、もしくはフラットタイプのサンダルにすれば、よりリゾートに合った印象に。また、アクセサリーは普段より大きめ&派手なものがおすすめ。服も心も開放的になれたら、旅行がもっと楽しくなるはず。

【フォーマルスタイル】パーティや会食がある日に

 

View this post on Instagram

 

C’est la vie incさん(@cestlavieinc1997)がシェアした投稿

◆合わせるもの:華やかなビジュー、ジャケットなど
会食やパーティなど、フォーマルな場所に着て行くにはちょっとカジュアルすぎるかも……。そんな風に考えているワンピースも、華やかなビジューを身に纏えば大丈夫。

ネックレスやピアス、リングは、普段使いには少し派手すぎるくらいの華やかなものに。大きめのパールやビジューを取り入れることで、フォーマルな場所にも着て行くことができる、ワンランク上の印象になりますよ。
さらにプラスしてフォーマル感が欲しい方は、女性らしいノーカラージャケットを取り入れてみてくださいね。

あなたのワンピースの、新しい着方を見つけよう

合わせる小物や着方によって、印象をがらりと変えることができるワンピース。あなたの手元にあるワンピースも、まだまだ様々なシーンで使える可能性を秘めているかもしれません。
いつもと違う着こなしで、お気に入りのワンピースの新しい一面をぜひ見つけてみてくださいね。


SOÉJU personal (ソージュ パーソナル) なら、新しい自分に出会える

パーソナルスタイリングサービス SOÉJU personal (ソージュ パーソナル) は、経験豊富なスタイリストがあなたの悩みや好みを伺って、ぴったりのお洋服をお選びいたします。
堅苦しい雰囲気ではなく、LINEなどで気軽に相談できるのもポイント。似合う洋服だけでなく、お手持ちのアイテムを活かしながらコーディネートをする方法もご提案させて頂きます。
女性にとって、ファッションは自分の個性を出すことができる最大の武器で、コミュニケーションツールの1つです。40代からの人生を、洋服でもっと楽しみませんか?

   SOÉJU personalのパーソナルスタイリングはコチラ   

KAZU

デザイナーズブランドでの接客・販売を経て、 テレビタレント・アナウンサーなどのスタイリングに従事。 着る人の個性を際立たせるシンプル・モードなスタイリングが...

プロフィール

Recommend